シンボルマーク

コメントする

一般社団法人古代日本の癒し普及協会のサイトにご訪問いただきありがとうございます。

このページは、《ニュース》として随時、更新していきます。

協会の概略をお知りになりたい方は、上記のバナーをご覧下さい。

********************************

古代日本の癒し普及協会の「シンボルマーク」のご紹介です。

宇宙のようでもあり、原子核のようでもあります。(ブックデザイナー阿部美樹子さんにコンプリートしてもらいました)

ホメミ文字で、縦にも横にも「ありがとう」。

さらに、この中にはホメミ文字とカタカムナ文字で「かたの」という名前が隠れています。さがしてみてください。

そして認証記号のように、じつは文字が「ひとつ」くるりと、ひるがえっています。もともと文字は、音を表すために作られました。音(文字)は、人から発せられて、空間に舞い、見る人のいる位置によって、形が異なって見えるでしょう。自由に回転しつつ、動きのあるものなのだと思います。片野氏は、神社のしめ縄のように「ねじり」が入ってると言っています。この細工によってこのマークは、10の71乗という高い周波数を得ました。

 

末永く、よろしくお願いします。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中